審美歯科の治療内容

投稿者: | 2016.10.21

歯の健康は大切な事は誰でも知っていると思います。一度虫歯になると勝手に治る事は不可能なので必ず治療しなければいけません。そこで、近年審美という言葉がよく使われるようになりました。どういう意味かというと、「美しく健康な歯を作ること」が目的で、様々な原因で美しくない状態を最新技術を駆使して歯や骨を再生し、美しい歯を作り上げることです。通常の歯科治療は虫歯になった歯を治す事ですが、審美歯科は目的がまったく異なります。では、審美歯科は主にどんな治療法があるのか紹介します。

まずは、ホワイトニングです。ホワイトニングは歯を削ることなく綺麗にすることができ、歯科医院でしか行う事が出来ない、オフィスホワイトニングと家庭で行うホームホワイトニングがあります。また、PMTCという治療法もあり、日ごろの歯ブラシでは落とす事が出来ない汚れを歯科医院にある機械で落としてくれます。また、ラミネートベニアという前歯の表面を一層削り、その部分のみセラミックで覆う事により、色や形を整える治療法もあります。

今は歯の健康や美しさも身だしなみの一つと言われています。ですので、虫歯を治すだけでなく、歯を綺麗にすることもとても重要です。歯が綺麗かどうかで容姿にも大きく影響します。自分の歯が汚いなと感じた人は、一度審美歯科を利用してみると良いです。歯が綺麗で美しいと第一印象もよくなるので、是非、歯を綺麗にして、美しい歯を手に入れてください。